赤ちゃんの便秘について

大人も便秘になりますが、赤ちゃんも便秘になります。
赤ちゃんは、初めは水っぽいウンチで1日に10回近くウンチをしますが、成長と共にウンチも変わりますし、便秘はミルクや離乳食などが深く関係しています。
便秘の症状や原因や対処法を紹介します。

便秘の可能性がある症状は、
・3~5日以上ウンチが出ない
・ミルクも飲まないし、ご飯も食べない
・眠くないはずなのにグズる
・機嫌が悪い
・お腹が張っている、などがあります。

赤ちゃんの便秘は、腸の発達に影響しますし、授乳回数も減ります。
ですがまれに、母乳の量が足りなかった時に排便の回数が減ること、ミルクで育っている子の場合は、消化するのに時間がかかってしまい便秘がちになることもあります。

年齢別に説明すると、生後5ヶ月~生後8ヶ月の赤ちゃんの場合
今まで母乳やミルクだったのが、離乳食が始まった頃で食生活が変わるので、腸内細菌も変化が起き、体の中で便を溜めるようになってきます。
そのため、ウンチの回数が減ってしまいます。また、離乳食が始まると母乳・ミルクを飲む回数が減ることで、便の水分が不足してしまい、便秘が起きやすいです。
元気で機嫌もよく3~4日に1回、便がスムーズに出るようならあまり心配しなくて大丈夫です。
その時に、便の水分が足りているのかを見るようにしましょう。

水分を補給して便秘にならないように、対策しましょう。
赤ちゃん用の麦茶などで十分に水分をあげましょう。ヨーグルトを食べさせて便通を良くするようにするのもいいでしょう。

続いては、9ヶ月~11ヶ月の場合
この頃は、何を食べたのかと、食べた量により便秘を引き起こします。
食べる量が少なければ便の量も少なくなりますし、食物繊維が不足しても便秘になります。
逆にたくさん食べていても、水分が少なければ便が硬くなり便秘になります。
硬いウンチをすると肛門が痛くなりますし、痛いのが嫌でウンチをしたがらなくなってしまうこともあります。ですので、赤ちゃんはまだ自分で出来ないのでママが、食事の量や水分の量を気をつけてあげましょう。

食べ物を工夫して食べさせてみていてもいいでしょう。例えば、食物繊維が多く含まれている野菜をヨーグルトに一緒に入れてあげたりすることもおすすめです。

他にも、ハイハイができる子なら日中にたくさん体を動かすと、腸を動かす環境をつくことも出来るので試してみましょう。体を動かせばお腹が減るので、食べる量も増え、便の量も増えるはずです。

少しずつリズムが出来てくるので、食事や睡眠のリズムを整えてあげてください。そうすると、便を出すリズムもつかんで便秘が解消されます。

対処法は、よく聞くものを2つ紹介します。
1つ目は、お腹の「の」の字マッサージです。
やり方は、おへそを中心にして、手のひらで時計回りに「の」の字を書くように優しくマッサージしてあげます。お風呂後の体が温まっている時にすると、血行もよくなっているので効果的です。
満腹時は避けてください。

2つ目は、綿棒を使って肛門と刺激する
やり方は、大人用の綿棒にベビーオイルをたっぷり付けて、肛門に入れたり出したりを数回繰り返します。
赤ちゃん用の綿棒は、細すぎるので大人用の綿棒を使いましょう。
そして、癖になると悪いので、あまり頻繁にしないように注意しましょう。

ママになったばかりの人は、色々とわからないのが当たり前なので、少しずつ知識を増やしていきましょう。

 

便秘に効果的な食べ物

女性は、男性より腹筋が弱いので便を送り出す力も弱いのです。ですが、便秘は辛いので今回は、便秘に効果的な食べ物を紹介していきます。

頑固な便をスッキリ出すために、毎日コツコツ食べるようにすることが、効果的です。

良く知られているものですが、やはりヨーグルトがいいそうです。
ビフィズス菌という乳酸菌が腸の善玉菌を増やしてくれるのです。
果物と一緒に食べるとより良いです。

納豆は、ナットウキナーゼが含まれています。
納豆は、腸内環境を整えてくれるので、便秘には効果的です。
週3で食べるのが目安です。

バナナは、食物繊維が含まれていますし、便の量が増え水分を保つ働きがあるようです。

寒天は、食物繊維の含有量がとても豊富なのです。便秘にもダイエットのもいいそうです。
一石二鳥ですね。

海藻類は、ワカメ、昆布のヌルヌルは、「フコイダイン」という水溶性の食物繊維です。
善玉菌の餌になってくれて善玉菌を増やして、腸内環境を整えて便秘を解消できます。
便が硬くなるのを防ぎます。

梅干しは、クエン酸と言う成分が豊富です。
レモンもクエン酸が多く悪玉菌の活動を制御して、腸の動きを良くします。
1日1個が目安です。

ハチミツは、グルコン酸が含まれていて、善玉菌を増やしてくれますし、腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトにかけて食べるといいでしょう。

リンゴは、ペクチンと言う水溶性の食物繊維とセルロースと言う不溶性の食物繊維が豊富です。
ぺクチンは、硬くなった便を柔らかくしてくれことで、便を出しやすくします。
皮の部分にペクチンが多く含まれているので、すりおろすといいでしょう。

アボカドは、森のバターと言われるほど、脂肪分が果肉に16%くらい含まれています。
抵抗酸化力が強くビタミンEがたくさん入っています。食物繊維も多く含まれているので、腸内環境を整えて、便秘を解消してくれます。

大根は、食物繊維が豊富ですし、便秘にも胃が弱い人にもおすすめです。
内臓に負担がかかってしまうと、基礎代謝が低下して、新陳代謝も悪くなるようです。ですので、大根を毎日食べて弱った内臓をケアしてくれます。
美肌作りやダイエットにも良いです。
生で食べる方がいいそうです。大根おろしがいいでしょう。

野菜などは、サラダにして食べる方がいいそうです。

便秘に効果的な食べ物はこんなにもたくさんあるので、飽きずにチャレンジ出来ると思います。
紹介した物の他にもまだあるので、色々試してみて便秘を解消しましょう。

 

妊婦と便秘

妊娠すると今まで便秘じゃなかった人も便秘になってしまう人もいます。
私も2回妊娠して、2回とも便秘になりました。

妊娠中はデリケートなので、お薬を飲むわけにはいきませんしどうやって解消しようと悩みます。
実は妊娠した人で、70%くらいの人が便秘で悩んでいるそうです。

ですので、今回はどうして便秘になってしまうのかと、妊婦さんでも出来る解消法を紹介します。

妊婦さんの便秘の症状は、お腹が張る、排便してもスッキリしない、コロコロの便、硬くて出にくいなどがあげられます。

中には、1週間以上でない人もいるそうです。そんなに長く便秘が続くと辛いですよね。
妊婦さんは、便秘になりやすいですが、早めに解消するようにしましょう。

解消もいくつか紹介します。
バランスと良い食事をすることが1番大切ですが、つわりなど食事がなかなかとれず、栄養が偏ってしまいますが、無理をせず、食べられる物を食べるようにしましょう。
出来るだけでいいので、バランスを考えましょう。

ヨーグルトに含まれた乳酸菌には、腸内環境を整える効果がありますし、簡単に食べられるのでお勧めです。私も妊娠中はよく食べていました。

他にもハチミツですが、ハチミツはオリゴ糖やグルコ酸の成分が入っているので、腸の善玉菌を増やしてくれます。
ストレスにもいいですし、栄養価も高いためにつわりの時もおすすめです。ですが、カロリーも高いので摂りすぎは、いけません。
ヨーグルトと一緒に食べるのも私的にはおすすめです。

続いては、納豆です。
納豆は食物繊維とオリゴ糖が含まれているので効果的です。

最後にきな粉ですが、きな粉にも食物繊維とオリゴ糖が含まれています。
栄養価が高く、妊婦さんの便秘には良いそうです。

ヨーグルトや牛乳に入れるのがおすすめです。
きな粉もカロリーが高いので摂りすぎないようなしましょう。

次は、飲み物ですが、妊娠中は水分が不足しがちになります。ですので、しっかり水分補給しましょう。
1日約2ℓをこまめに分けて水分を摂るようにしましょう。
冷たいものは、体を冷やしてしまうので、温かいものや常温がいいと思います。

妊娠中は、出来るだけ常温のミネラルウオーターを飲むようにしましょう。
起床して、お水を飲むと良いようです。
コップ1杯飲むことで、腸の動きを良くします。

他にも、牛乳が良いようです。
腸の動きを良くしますし、きな粉を入れて温めて飲むとより良いです。

そして妊婦だからと言って動かないのではなく、適度でいいので、運動することを心がけましょう。
激しい運動は出来ませんから、ウォーキングなどでいいでしょう。

そして、体を冷やさないように、赤ちゃんのためにも便秘のためにも体を温めるようにしましょう。
足湯などでも体が温まりますからおすすめです。
妊婦さんであれば皆さんしていると思いますが、腹巻もお腹を温めることが出来るので良いです。
これを試しても便秘が続くようなら、恥ずかしがらず医師に相談するといいでしょう。

 

ヨガで便秘解消

皆さんは、ヨガが便秘に良いことを知っていますか?
最近では、ヨガを使った便秘解消法が注目されてきました。

ヨガは便秘に良いだけではなく、ストレス解消にも効くので、一石二鳥ですね。

ヨガは、自宅でも簡単に出来るので、時間も場所も気にせず出来ることが魅力ですね。

ポーズをとることだけではなく、呼吸も同じくらい大切です。
ゆっくり呼吸をすることで気持ちが安らぐので、ゆっくり深呼吸することを意識して行いましょう。

それでは、効果的なポーズを紹介しましょう。

まずは、コブラというポーズです。これは誰でもできるポーズですし、胃や腸を同時に刺激出来るので効果的です。

コブラポーズがわからない人のために説明します。
まず、うつ伏せになり、胸の横に手を置きます。脇を締め、足は閉じます。
身体が一直線に伸びているイメージでしましょう。
手で床を押すように背筋を伸ばします。
ゆっくり上半身を後ろにそらし、45℃ほどの所で止め、2~3回ゆっくり深呼吸します。

そして、また身体を反り完全に上体が起きるようにしましょう。
より伸びるようなイメージをして、5回ほどゆっくり深く深呼吸します。
終わったら、ゆっくりと戻って下さい。

もう1つのポーズは、三角のポーズです。
これも簡単に出来るポーズです。下半身の血行を良くする効果で、足痩せにも効果的です。

わからない人のために説明します。
左右のかかとが一直線上になるように大きく開きます。右足のつま先は正面に、左足のつま先は90℃左に向けます。

腕と床が平行になるように肩の高さまで腕をあげ、左右に伸ばします。手のひらは、下に向けてください。

大きく息を吸った後に、息を吐きながら上半身を左側に倒します。
この時に、腰や首に負担をかけないように無理しない角度から始めます。

ここまでのポイントは、肩、胸、骨盤が平行になるように意識してする。
腰から曲げずに、股関節から曲げるイメージで、脇腹を伸ばします。
右足のかかとで強く床を押すようにすると、安定します。

戻りますが、手を上下に伸ばし、自然に呼吸し30秒~1分程キープします。
その時視線は、上にあげた手の先です。首が痛い人は、真横でかまいません。

その後、上体を起こし、手を下して正面を向きます。

そしたら、次は右も同様にします。足も逆にしてください。

ポーズをとる時は、息を止めないように気を付けましょう。

ヨガで皆さんも、便秘とストレスを同時に解消しましょう。
ヨガは、ダイエットも期待できる優れものですので試してみましょう

 

オリーブオイルは便秘に良いのか

皆さんは、便秘にオリーブオイルがいいと聞いたことがありますか?
今回は、オリーブオイルについて紹介します。

ある実験で、便秘で悩んでいた人が2週間オリーブオイルを摂取した所、便秘が解消されたそうです。
ただ飲むだけではなく、飲むタイミングや飲み方があるそうです。

オリーブオイルは、小腸に吸収されづらいのです。ですが、油炒めなどで少量摂取するとすぐに胃に吸収されてしまい、胃で吸収されてしまうと、便秘解消には繋がらないようです。

適度の量を飲み、小腸内に溜まった便を排便する潤滑剤となります。
飲む量は、1日大匙1杯です。最も効果的なのは、朝食時だそうです。
そのまま飲むだけで、他は食べないようにするというよりも、味噌汁、サラダにかけるなどするといいでしょう。

便は、食べることで作られるので、食べることはとても大切です。

そしてオリーブオイルは、ゴマ油の2倍の量の「オレイン酸」という成分含まれているそうです。その成分は、老廃物をスッキリ押し出しながら、腸の免疫を活性化させるようです。

オリーブオイルは、カロリーが高いので、オリーブオイルの分だけ食べる量を調整するといいかもしれません。

冬などは、体が冷えてしまい内臓の働きも弱くなってしまうので、温かいものに加えて摂取するのが、おすすめです。
ホットサラダなんかにかけてもいいですね。
ちなみに、180℃くらいまでは加熱しても酸化しないようなので、揚げ物などでも大丈夫です。

他にもヨーグルトにかけて食べるのもいいようですので、試してみてください。
ヨーグルトの乳酸菌も便秘に良いですから、2つのパワーを使うので、期待できますね。

飲むオリーブオイルは、調理向けではなく、サラダなどにも適している、エクストラバージンオイルが良いようです。

オリーブオイルは、ダイエットや美容にも効果的なようで、スキンケアや、ダイエット食品にも使われているんです。

便秘も解消できて、美容にもダイエットにも良いなんて、オリーブオイルは万能ですね。
便秘が通づくと肌荒れもします、お腹もポッコリしてしまうので、便秘を解消して腸内もお肌も綺麗にしましょう。

最後に便秘が続くと大腸ガンの要因にもなってしまうので、出来るだけ便秘にならないように気を付けて、なりそうな時は、早めに上記のことを試してみましょう。