赤ちゃんの便秘について

大人も便秘になりますが、赤ちゃんも便秘になります。
赤ちゃんは、初めは水っぽいウンチで1日に10回近くウンチをしますが、成長と共にウンチも変わりますし、便秘はミルクや離乳食などが深く関係しています。
便秘の症状や原因や対処法を紹介します。

便秘の可能性がある症状は、
・3~5日以上ウンチが出ない
・ミルクも飲まないし、ご飯も食べない
・眠くないはずなのにグズる
・機嫌が悪い
・お腹が張っている、などがあります。

赤ちゃんの便秘は、腸の発達に影響しますし、授乳回数も減ります。
ですがまれに、母乳の量が足りなかった時に排便の回数が減ること、ミルクで育っている子の場合は、消化するのに時間がかかってしまい便秘がちになることもあります。

年齢別に説明すると、生後5ヶ月~生後8ヶ月の赤ちゃんの場合
今まで母乳やミルクだったのが、離乳食が始まった頃で食生活が変わるので、腸内細菌も変化が起き、体の中で便を溜めるようになってきます。
そのため、ウンチの回数が減ってしまいます。また、離乳食が始まると母乳・ミルクを飲む回数が減ることで、便の水分が不足してしまい、便秘が起きやすいです。
元気で機嫌もよく3~4日に1回、便がスムーズに出るようならあまり心配しなくて大丈夫です。
その時に、便の水分が足りているのかを見るようにしましょう。

水分を補給して便秘にならないように、対策しましょう。
赤ちゃん用の麦茶などで十分に水分をあげましょう。ヨーグルトを食べさせて便通を良くするようにするのもいいでしょう。

続いては、9ヶ月~11ヶ月の場合
この頃は、何を食べたのかと、食べた量により便秘を引き起こします。
食べる量が少なければ便の量も少なくなりますし、食物繊維が不足しても便秘になります。
逆にたくさん食べていても、水分が少なければ便が硬くなり便秘になります。
硬いウンチをすると肛門が痛くなりますし、痛いのが嫌でウンチをしたがらなくなってしまうこともあります。ですので、赤ちゃんはまだ自分で出来ないのでママが、食事の量や水分の量を気をつけてあげましょう。

食べ物を工夫して食べさせてみていてもいいでしょう。例えば、食物繊維が多く含まれている野菜をヨーグルトに一緒に入れてあげたりすることもおすすめです。

他にも、ハイハイができる子なら日中にたくさん体を動かすと、腸を動かす環境をつくことも出来るので試してみましょう。体を動かせばお腹が減るので、食べる量も増え、便の量も増えるはずです。

少しずつリズムが出来てくるので、食事や睡眠のリズムを整えてあげてください。そうすると、便を出すリズムもつかんで便秘が解消されます。

対処法は、よく聞くものを2つ紹介します。
1つ目は、お腹の「の」の字マッサージです。
やり方は、おへそを中心にして、手のひらで時計回りに「の」の字を書くように優しくマッサージしてあげます。お風呂後の体が温まっている時にすると、血行もよくなっているので効果的です。
満腹時は避けてください。

2つ目は、綿棒を使って肛門と刺激する
やり方は、大人用の綿棒にベビーオイルをたっぷり付けて、肛門に入れたり出したりを数回繰り返します。
赤ちゃん用の綿棒は、細すぎるので大人用の綿棒を使いましょう。
そして、癖になると悪いので、あまり頻繁にしないように注意しましょう。

ママになったばかりの人は、色々とわからないのが当たり前なので、少しずつ知識を増やしていきましょう。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。