妊婦と便秘

妊娠すると今まで便秘じゃなかった人も便秘になってしまう人もいます。
私も2回妊娠して、2回とも便秘になりました。

妊娠中はデリケートなので、お薬を飲むわけにはいきませんしどうやって解消しようと悩みます。
実は妊娠した人で、70%くらいの人が便秘で悩んでいるそうです。

ですので、今回はどうして便秘になってしまうのかと、妊婦さんでも出来る解消法を紹介します。

妊婦さんの便秘の症状は、お腹が張る、排便してもスッキリしない、コロコロの便、硬くて出にくいなどがあげられます。

中には、1週間以上でない人もいるそうです。そんなに長く便秘が続くと辛いですよね。
妊婦さんは、便秘になりやすいですが、早めに解消するようにしましょう。

解消もいくつか紹介します。
バランスと良い食事をすることが1番大切ですが、つわりなど食事がなかなかとれず、栄養が偏ってしまいますが、無理をせず、食べられる物を食べるようにしましょう。
出来るだけでいいので、バランスを考えましょう。

ヨーグルトに含まれた乳酸菌には、腸内環境を整える効果がありますし、簡単に食べられるのでお勧めです。私も妊娠中はよく食べていました。

他にもハチミツですが、ハチミツはオリゴ糖やグルコ酸の成分が入っているので、腸の善玉菌を増やしてくれます。
ストレスにもいいですし、栄養価も高いためにつわりの時もおすすめです。ですが、カロリーも高いので摂りすぎは、いけません。
ヨーグルトと一緒に食べるのも私的にはおすすめです。

続いては、納豆です。
納豆は食物繊維とオリゴ糖が含まれているので効果的です。

最後にきな粉ですが、きな粉にも食物繊維とオリゴ糖が含まれています。
栄養価が高く、妊婦さんの便秘には良いそうです。

ヨーグルトや牛乳に入れるのがおすすめです。
きな粉もカロリーが高いので摂りすぎないようなしましょう。

次は、飲み物ですが、妊娠中は水分が不足しがちになります。ですので、しっかり水分補給しましょう。
1日約2ℓをこまめに分けて水分を摂るようにしましょう。
冷たいものは、体を冷やしてしまうので、温かいものや常温がいいと思います。

妊娠中は、出来るだけ常温のミネラルウオーターを飲むようにしましょう。
起床して、お水を飲むと良いようです。
コップ1杯飲むことで、腸の動きを良くします。

他にも、牛乳が良いようです。
腸の動きを良くしますし、きな粉を入れて温めて飲むとより良いです。

そして妊婦だからと言って動かないのではなく、適度でいいので、運動することを心がけましょう。
激しい運動は出来ませんから、ウォーキングなどでいいでしょう。

そして、体を冷やさないように、赤ちゃんのためにも便秘のためにも体を温めるようにしましょう。
足湯などでも体が温まりますからおすすめです。
妊婦さんであれば皆さんしていると思いますが、腹巻もお腹を温めることが出来るので良いです。
これを試しても便秘が続くようなら、恥ずかしがらず医師に相談するといいでしょう。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。