ヨガで便秘解消

皆さんは、ヨガが便秘に良いことを知っていますか?
最近では、ヨガを使った便秘解消法が注目されてきました。

ヨガは便秘に良いだけではなく、ストレス解消にも効くので、一石二鳥ですね。

ヨガは、自宅でも簡単に出来るので、時間も場所も気にせず出来ることが魅力ですね。

ポーズをとることだけではなく、呼吸も同じくらい大切です。
ゆっくり呼吸をすることで気持ちが安らぐので、ゆっくり深呼吸することを意識して行いましょう。

それでは、効果的なポーズを紹介しましょう。

まずは、コブラというポーズです。これは誰でもできるポーズですし、胃や腸を同時に刺激出来るので効果的です。

コブラポーズがわからない人のために説明します。
まず、うつ伏せになり、胸の横に手を置きます。脇を締め、足は閉じます。
身体が一直線に伸びているイメージでしましょう。
手で床を押すように背筋を伸ばします。
ゆっくり上半身を後ろにそらし、45℃ほどの所で止め、2~3回ゆっくり深呼吸します。

そして、また身体を反り完全に上体が起きるようにしましょう。
より伸びるようなイメージをして、5回ほどゆっくり深く深呼吸します。
終わったら、ゆっくりと戻って下さい。

もう1つのポーズは、三角のポーズです。
これも簡単に出来るポーズです。下半身の血行を良くする効果で、足痩せにも効果的です。

わからない人のために説明します。
左右のかかとが一直線上になるように大きく開きます。右足のつま先は正面に、左足のつま先は90℃左に向けます。

腕と床が平行になるように肩の高さまで腕をあげ、左右に伸ばします。手のひらは、下に向けてください。

大きく息を吸った後に、息を吐きながら上半身を左側に倒します。
この時に、腰や首に負担をかけないように無理しない角度から始めます。

ここまでのポイントは、肩、胸、骨盤が平行になるように意識してする。
腰から曲げずに、股関節から曲げるイメージで、脇腹を伸ばします。
右足のかかとで強く床を押すようにすると、安定します。

戻りますが、手を上下に伸ばし、自然に呼吸し30秒~1分程キープします。
その時視線は、上にあげた手の先です。首が痛い人は、真横でかまいません。

その後、上体を起こし、手を下して正面を向きます。

そしたら、次は右も同様にします。足も逆にしてください。

ポーズをとる時は、息を止めないように気を付けましょう。

ヨガで皆さんも、便秘とストレスを同時に解消しましょう。
ヨガは、ダイエットも期待できる優れものですので試してみましょう

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。