自宅で出来る便秘解消法

便秘は辛いので、まずは自宅で出来ることから始めましょう。

毎日決めた時間に便意がなくても、朝起きてから1度必ずトイレに行ってみる。排便しようと努力することが大切なんです。
出ないのに長時間座っているのは、逆効果ですので、短時間にしましょう。

運動を心がけて、腹筋を鍛えると良いそうです。
お腹の筋肉を鍛えて、強化すると排便には効果的なんだとか。お腹をマッサージするのも、効果的だそうです。

食物繊維をしっかりとり、1日3食を心がけましょう。

よく知られているのが、排便姿勢です。
直腸肛門覚が開くように少し前傾姿勢になると良いそうです。簡単に言えば、「考える人」のようなポーズです。脇腹を抑えて圧迫することもいいようです。

食物繊維をしっかりとることと、十分な量の水分と脂肪の摂取することもとても大切です。
そして適度な運動を心がけましょう。

どうしても出ない時は、下剤を使ってみるのも1つの手です。
ずっと出ないとお腹が苦しいですよね。

便秘は、特に女性がよくなるものです。女性は、男性と違って腹筋が弱いです。
女性は、便意を我慢してしまうことがあるので、便意リズムが崩れ、便が滞留してしまい便秘になるようです。ですので、出来るだけ我慢せず排便してあげましょう。

ダイエットも大きな原因なので、食べないというダイエットは、やめましょう、

他にもストレスなどでも便秘になってしまうようです。

便秘とは腸内細胞に悪影響なので、しっかり出して腸内をきれいにすることが大切です。

食物繊維は、柔らかくて大きな便を作ります。野菜や果物、穀物に多く含まれており、1度に多く摂取してもあまり意味がないのです。
含まれている物をいくつか紹介します。
果物では、リンゴ、桃、オレンジなどです。

野菜は、ホウレンソウ、キャベツ、ニンジンなどです。

穀物は、きな粉、こんにゃくなどです。

水分も、水だけではなく、野菜や果物のジュース、スープなどでも大丈夫です。
水分は、便の通りをよくするために必要です。

逆にアルコールなどは、消化器の水分を減らしてしまうので、逆効果です。

脂肪は、腸官をなめらかにする働きがあるので、摂取するといいでしょう。

運動は、軽く腹筋をしたり、ストレッチをすると効果的です。

このようなことが自宅で簡単にできることではないでしょうか。
まずは、1つずつ始めてみてください。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。